忍者ブログ

複勝投資予想で月間145,000円儲ける完全攻略

--- 複勝高配当馬券も的中できる予想を提供します ---

最適な複勝馬券攻略法



当予想は1日の馬券購入を最小限に抑えて、

複勝馬券を有効に活用する攻略予想です。



当予想の特徴は、複勝配当180円・200円はもちろんのこと、

複勝配当300円や400円。

複勝配当500円クラスの複勝配当の出現が度々あります。

これは、配当に惑わされない予想概念が前提にあることが理由です。

予想方法が一般的に認識されていない部分があるからです。



もちろん、みんな予想方法が違い、

適性や血統系予想など色々あります。

正直、「この予想方法が正しい」というものは存在はしません。



それぞれ違った予想方法でも、メリットはあるはずで、

その中で自分なりに結論が出せて、

的中確率が高い予想が「正しい予想方法」です。



競馬予想とは時間をかけて失敗しながら、

築き上げた自分流のファクターを繰り返し最適化することで、

精度の高い予想となります。



皆さんは「何を基に予想を行っているでしょうか?」。

「馬券を買う時にいくらまで利益を上げたら、

馬券購入をやめるという条件は決めていますでしょうか?」。

「取り返そうと最終レースまで馬券を買っていませんか?」。

「勝っていてもつい買うつもりのなかったレースを買っていませんか?」。

「最終的に残るのはマイナスだけではありませんか?」。

だとすると今のままでは競馬で勝つことはゼロです。




競馬という誰もが利益を出すことができる仕組みがあります。

そうであれば、それを追求してモノにできれば、

これほどいい話はありません。

そして、それは可能になります。



競馬で勝って、利益を出し続ける人はいます。

競馬においては、おそらく、勝ち組が5パーセント。

負け組は95パーセント位の確率になると思います。



現在、馬連・馬単・ワイドの他に3連複・3連単もあって、

買い方もボックス・フォーメーション・マルチと多種多様です。

選択肢が増えることはいいのですが、

いったい何点買いになるのでしょう?

決して買ってはいけないと言っているのではありませんが、

投資をするという観点で見れば、

連勝馬券は買える馬券ではありません。

特に3連単馬券。高配当馬券・大万馬券。

勝てるわけがない馬が入着して、

そのような大万馬券になるのです。

それをどのように予想するのかもわかりません。



競馬をあまり知らない人が、1年や2年、馬券を買ったくらいで、

「競馬は儲からないようになってるシステムだ。」

と言いはじめるケースが非常に多くみられます。



競馬の負け組は、競馬新聞に適当に赤丸をつけて、

フィーリングで馬券を買います。

わかりやすく言うと、この差です。





競馬新聞と赤ペンだけで馬券収支をプラスにするのは不可能です。

それで収支がプラスになれば、大半の人が勝ち組になっているはずです。



競馬新聞は、様々な情報が掲載されています。

多くの人がまっさきに見るのは、前走の着順だと思います。



ほとんどの人が、このような単純な馬券の買い方をしているように思えます。

前走の着順というのは、ほとんど馬券利益に貢献しません。



言い換えると、

最近の着順が良い馬は、それだけで過剰人気になりやすい。

ということになります。



同時に、競馬の人気は、

競馬新聞が作り出しているということに気づきます。

競馬新聞を眺めるだけは決して勝つことはできません。





競馬は努力が報われるゲームです。

そのため、努力した人の回収率は120パーセント以上になり、

努力しなかった人の回収率は50パーセント以下になります。



コースを制する馬がレースを制します。

各競馬場によって異なるコースの特徴。

右回り・左回り・あるいは直線の坂の有無といった

大きな違いはもちろんだが、

それ以外にもレース中継の画面を見るだけでは

確認しづらいことが数えきれないほどあります。



コース実績は、その馬のコース適正を判断する材料として、

予想で重視すべき項目です。

コース形態が違うために、異質のレースになるからです。

つまり、コースが違えば、

自分の走りができなくなる馬が現れるということです。



コースの違いというものは、レース自体の性質さえも変えてしまい、

競走馬の走法や脚質に計り知れないほどの影響を与えます。

他にも、芝の質、路盤の質、ダートの砂質、風向き、

湿度、太陽の位置や角度など、コースによって違うものは様々です。



そのコースで自分の走りができたという経験値は、

その馬にとって大きなアドバンテージであることは間違いありません。



同一競馬場においても、

レースの距離が変わることでコース形態に違いが表れることもあります。



したがって、コース実績を考える場合には、

同一コースにおける距離実績を確認しておくことが賢明です。



そのコースの成績データーがずば抜けてよい馬がいるとします。

その馬が他のどのコースを走った時、どうなったか?

あのコースを走った時、どうなったか?

勝ったレースより、惨敗したレースに目を向けることが大切です。

何故このコースで負けたのか?



競走馬のコース実績という観点からではなく、

コースそのものの特徴から予想を組み立てることが必要になります。



午前のレースを1レースずつしっかり見ることです。

「午前中はレースを見る」。

「勝負は午後」。

これが鉄則です。

「午前のレースを見ずして予想とは言えず」と、

言われる理由がこれをしてわかります。



当予想はタイム・コース・距離・ローテーション・

厩舎・騎手・馬主など各々のカテゴリーを

具体的に数値化して点と線で結び、

取りこぼしなく予想した通りの展開で、

予想した通りの馬が勝ち、

いかにして馬券的中という結果に

結びつけられるかをファクターとしています。



どうすれば当たるのか。

どの馬が勝つのか。

考えれば考えるほどレースに対する興味が広がり、

的中した時の喜びも大きくなります。




これぞまさしく最適な複勝馬券攻略法だと思うのです。







予想参加はこちら






PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。